巻き爪の改善方法!

外反母趾の方は、爪のトラブルもかかえていらっしゃることが多いです。

整体院にいらっしゃる方でも、
巻き爪でお悩みの方が多く、

「巻き爪専門のお店に行って、処置してもらうと、
しばらくはまっすぐになるけど、また巻いていってしまう」

と、おっしゃられます。

もう何年も巻き爪のお店に
通い続けていらっしゃるかたも多いですね。

そういう方でも当院で、
外反母趾に良い歩き方を実践していただいているうちに、

「先生、巻き爪が、巻かなくなりました!」
と、報告してくださるようになります。

今回は、歩き方と巻き爪の関係をお話したいと思います。

外反母趾もよくなりながら、爪の症状も楽になるなんて、お得ですよね~。
ぜひお読みください!

巻き爪は、痛いし、化膿したりしますし、
見た目が気になって裸足になれない、
と悩まれる方もいらっしゃいますね。

痛いからかばって歩くうちに、
体がゆがんでしまったり、

なんだか肩がこりやすくなったり、
そして膝や腰も痛くなってきたり・・・。

爪は大きさとしては小さくても、
体への悪影響が大きいですので、
痛みが出ない状態に早く戻したいですね。

巻き爪になってしまうのは、
指がうまく使えていないから、

と、どこかでご覧になられたことがあるかと思います。

実は、指がうまく使えていないのにも、
原因があります。

それは、外反母趾の原因でもあるので、
外反母趾と巻き爪、
両方なってしまっている方が多いのはそのためです。

その原因は、
足の「過剰回内」というものです。

過剰回内というのは、詳しくは別の記事に書きますが、
簡単にいうと、かかとが内側に倒れこんでしまっている症状です。

それにより、指がうまく使えなく巻き爪になったり、
外反母趾になってきてしまっているのです。

爪に器具をつけてまっすぐにしても、
また巻いてきてしまうということは、

根本的な原因が解決されていない
というところは感じておられるかと思います。

それは、この過剰回内が解消されていないからなのです。

そしてこの過剰回内を解消するには、
歩き方を改善するしかないのです。

巻き爪を解決するために、一般的に、

インソールやテーピング、
靴や靴下などで色々工夫される方が多いです。

でもそれらで治りきらないのは、
外部からの力で治そうという試みだからです。

それをやめてしまったら、またもとに戻ってしまいますので、
根本的な解決にはなりません。

根本的な解決をするには、その逆
自分の力で治す必要があります。

自分の力というのは、
えいっ!と、爪をまっすぐに引っ張るというものではなく、

巻き爪にならない「生活習慣」を身につける
ということにあります。

外反母趾にしろ、巻き爪にしろ、
今まで通りの生活習慣のままで、
自然と治ってくれるような症状ではありません。

生活習慣を直すと、結果、巻き爪も治っていくのです。

どんな生活習慣にしたらよいかというと、
巻き爪については、
歩き方を変えていくということになります。

正しい歩き方が出来るようになれば、
まず爪にかかる負担が減りますので、
歩いた時の痛みが減ります。

正しい歩き方を続けることで、
過剰回内が改善されていき、
指がしっかりつかえるようになり、
根本的に巻き爪にならなくなっていきます。

靴選びも楽になりますし、
足元の不安がないと、
外出も楽しみやすくなるみたいです。

当院でお伝えしている歩き方は、
アメリカの足病学をベースにした、
人体構造力学上、理にかなった歩き方を導入しております。

体系的に組み立てられているので、
どなたでも、頑張ってとりくんでいただければ、習得可能です。

歩くことに痛みがあることは、
とても大変なことですね。

当院では、毎日、歩くときの痛みをかかえていらっしゃるかたと
向き合っております。

みなさん、お辛い日々をすごされていらっしゃり、
色々な努力をされてきていらっしゃいます。

それでもなかなか良くならず。。

でも、当院で、お伝えした立ち方や歩き方を
お伝えすると、

「あの歩き方を気をつけると、痛くないのよね」

と、大変よろこんでいただけます。

ぜひ一度、ご相談ください。

一緒に、足に優しい習慣を、
身に付けていきましょう!

ご連絡お待ちしております^^