当院では、皆さまのお悩みを解決するため、様々な施術やサービスを提供しておりますが、すべて「体は生きている限り治りたがっている。」この考えを軸に組み立てられております。

例えば、風邪をひいたら、体温を上げて免疫力を高めることで、治そうとしますよね。

体には本来「自然治癒力」がそなわっており、自然と治癒力が働いてくれます。

なので、例外として、先天的な疾病やウイルス性、進行性などはありますが、基本的に皆さまのお体のお悩みは、通常であれば、自然と治っていくはずなのです。

でも、肩こりや外反母趾など、慢性症状になってしまっているものが沢山あります。

 

その理由は、例えば、風邪をひいているのに無理して仕事をしたり、うす着をしたりするような、「自然治癒に反した行動」をとってしまっていると考えられます。

肩こりや外反母趾などの症状でいうと、「姿勢や体の動かし方が悪く、自然治癒力が働きづらい環境になってしまっている」ということが考えられます。

この話を聞いて、ピンときた方もいらっしゃると思いますが、逆に、「自分は気をつけてるから大丈夫」と、思われる方もいらっしゃると思います。

でも、よく考えてみると、日常的な「姿勢や体の動かし方」って、わたしたちはちゃんと習ってきておりません。

ということは、ちゃんとしたやり方が分からないので、実践しようがないのです。

では、普段どうしているかというと、誰かから聞いたり、何かで調べて、これがいいだろうというやり方を、自己流でやってしまっていたりします。

しかし、世の中に出回っているやり方の多くは根拠のないものが多く、テレビでも、それらしい人が解説されているので一見よさそうに見えますが、実際は、間違ったやり方が紹介されていることが非常に多いです。

 

ということで、もし、いままで気をつけていた姿勢や体の動かし方が、実は、体に負担のかかるものだったら、せっかく自然治癒力を発揮しても、治す力よりも、悪くする力の方が大きかったりします。

 

これが、なかなか慢性症状が治らない大きな理由のひとつです。

特に、日常的な歩き方は、正しく指導されていることはまれで、モデルのような綺麗な歩き方だったり、運動の一環としてのウォーキングがほとんどです。

それでは、中々症状の改善には至りませんので、長期にわたって症状が回復しないことが多いのです。

なので、足に関する症状を良くしようと思ったら、日常的な歩き方から変えていく必要があるということです。

当院で提供している歩き方は、足治療の最先端のアメリカの理論をもとに導き出された、とっても楽に歩ける歩き方です。

それを、だれでも覚えて実践しやすいようにして、提供しております。

当院のメニューは、自然治癒力を高め、かつ正しく歩きやすくする「施術」と、体に負担の少ない楽な「歩き方」をふくめた生活習慣の指南、その両輪を提供しております。症状の回復後も、再発せず、維持できる治療院として、お客様のお悩みに向き合っています。